名大附属を狙うなら!【進学塾に通って対策を】

なるべく早めに

受験対策を行なうのであれば、なるべく早めに行動しておくようにしましょう。受験対策に早すぎるということはありませんので、目指すところが決まり次第進学塾や予備校に通わせることをオススメします。

進学塾に通うメリットランキング

大学生
no.1

受験に受かりやすくなる

進学塾に通うメリットとして、受験に受かりやすくなるということが一番多く選ばれています。やはり進学塾に通うのとそうでない場合の差は大きいのでランキングでも1位となっているのです。

no.2

勉強の仕方が変わる

進学塾では学校のような勉強を行ないません。進学塾なりの勉強法があるので、その学習方法を身につけることが出来るというのもメリットに選ばれています。学び方が変わるだけで学力も一気に伸びますよ。

no.3

学校の成績が向上する

塾に通うだけでも成績は向上しますが、進学塾は一歩先の勉強を行なっているのでより成績向上に繋がるのです。元々成績の良い生徒が集まる場所でもあるため、メリットとして得られる効果が少ないこともありランキングでは3位になっています。

名大附属を狙うなら!【進学塾に通って対策を】

紙とえんぴつ

附属学校へ進学するメリット

附属学校へ通うことで、附属先の学校へ進学することが出来ます。単位や出席率なども関係していますが、基本的にそのまま進学することが出来るというのは附属学校に通うメリットと言えるでしょう。

女の人

競争率も高い

附属学校は競争率が高く、名大附属などの有名校であればより顕著にその傾向が現れます。中学受験から競争率は高いので、予備校や受験対策に強い塾などの通わせるようにしましょう。

受験対策を行なっている保護者の声

勉強

今はきついかもしれないけど

毎日勉強をしている息子を見るときつそうに見えますが、将来的に考えて今苦労をすることで絶対に幸せになれると思っています。良い学校に通う事で就職にも有利になるので、いつも陰ながら応援しています。

子供のためを思って

子供の将来を考えて受験対策を専門に行なっている塾に通わせています。塾に通ってからは学校の成績も伸びたので良かったです。ただ本番の受験はまだなので、このままうまくいくことを願っています。

成績優秀だから

自分の娘はもともと成績優秀でしたが、本人の希望により附属学校への進学率が高い予備校に通わせることにしました。学費とかもありますが、やっぱり子供が大切なので自分も今までよりも頑張っています。

安定した生活を送ってほしい

子供には将来安定した生活を送って欲しいので、小学生ですが塾に通わせています。来年中学受験ですが、低学年の頃から塾に通っているので塾の先生も問題ないって言っています。

通わせてよかった

受験のことよりも現状の成績が良いので、それだけで効果があったかな?って感じです。もちろん受験には受かってほしいですが、本人がどうしたいかが重要なので、よく家族同士で将来の話をしています。

広告募集中